SNS
レシピ一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日更新できるようになるまで休憩

にほんブログ村 料理ブログへ
レシピ一覧はこちらから↓ レシピ一覧

by kitpan55  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ベーコンエピ(レシピ)

ベーコンエピ


分量(ベーカーズパーセント)
準強力粉250g(100%)
モルトパウダー1.5g(0.6%)
ドライイースト1.5g(0.6%)
砂糖少々
塩5g(2%)
水162cc(64.8%)
ベーコン2枚
ブラックペッパー少々


1.ディレクト法を参照して、手順6の一次発酵まで行う。

2.一次発酵が終われば、2つに分割し、生地を丸めて10~15分ほどベンチタイムを取る。

3.生地をベーコンの長さに麺棒などで伸ばす(強く伸ばしすぎないよう注意)し、ベーコンを乗せ、ブラックペッパーを散らす。
ベーコンエピ手順

4.ベーコンを覆うように折り、綴じ目はしっかりと押さえる。
そのまま生地を巻き、綴じ目はしっかりと押さえる。
ベーコンエピ手順1ベーコンエピ手順2

5.パンマットで畝を作り、45~60分二次発酵を行う。
二次発酵の注意はコチラを参照。
ベーコンエピ手順3

6.予熱でオーブンを240度に温める。

7.手順5の生地をキッチンペーパーの上に乗せ、キッチンハサミで切りながら左右に広げる。
ベーコンエピ手順4

切り方は真横から見た場合、下図のように斜めに切る。
ベーコンエピ手順5

7.オーブンにスチーム機能があれば使い(2分)、なければ霧吹きで生地に霧吹きをする。

8.生地をオーブンに入れ、220度に落とし20~25分焼く。


パリッとしたクラストとモチっとしたクラムにベーコンの旨みがたまりませんよ~~

やっぱりバゲットと同じ生地なので風味が落ちるのが早いので、早めに食べる方がいいです。

エピだと、クープの開きを心配する必要がないので、色よくなるぐらいで取り出しましょう。



  


レシピブログ(携帯用)ブログ村(携帯用)
関連記事
毎日更新できるようになるまで休憩

にほんブログ村 料理ブログへ
レシピ一覧はこちらから↓ レシピ一覧

テーマ: 手作りパン -  ジャンル: 趣味・実用
by kitpan55  at 20:56 |  パン(レシピ) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

ベーコンエピっっ!

こないだ食べた、パン屋のベーコンエピは、びっくりするほど固かったです。
どうしてあんなに固かったんだろう?
kitさんのベーコンエピの方がきっと美味しいでしょうね~
by 朋海 2008/09/09 09:18  URL [ 編集 ]

なるほど!

ベーコンエピって意外と簡単そうですね。
kitさんのレシピがわかりやすいからそう感じるのかな?
キッチンばさみで切るだけでいいんですね。
また印刷しておかなくちゃ!
by ☆秋桜☆ 2008/09/09 10:59  URL [ 編集 ]

朋海さんへ

ベーコンエピはバゲットと同じように、劣化というか、味が落ちるのが早いんですよね。
固かったのは、水分が抜けてしまったんじゃないかと。
時間が経ってしまってたんでしょうね。
僕が作ったものも、時間が経てば固くなりますよ~
by kitpan55 2008/09/09 11:37  URL [ 編集 ]

☆秋桜☆さんへ

作ってみると簡単なんですよ。
生地を作るのに時間が掛りますけどね~

レシピがわかりやすいと言っていただけるのは嬉しいです。
生地をハサミでバチバチ切って、開いてあげてください!
by kitpan55 2008/09/09 11:51  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レシピブログ

1品ですけど、↑この本にもレシピが載っています。 ブログでも紹介しているレシピなんですけどね。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
最近買ったもの

勉強用に


ペットボトルの洗浄にはコレ! むっちゃお奨め


iphoneアプリで購入
結構おもろい

王道の粉?

灰分たっぷりの粉???

これは結構好きな粉

初購入!さてどうだ??


ポーター買ってもうたよ~


19cmの買ってもうた


やっぱ必要なアイロン


麺好きは買わんと~


12本をまとめ買い~


あんまり使ってないけど一眼レフ用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。